//

ヒラタケ栽培に収量を得る貯めの技術

Utilize IoT technologies

紹介

このアイデアは、国内の小規模なキノコ農家を調査し、彼らが直面している課題や、彼らの事業成長に関与している個人や組織について学ぶことで生まれました。これは、非常に少ない資本で始めることができる中小企業のレベルでの優れた農業の機会です。低温と高湿度はキノコの成長に最適です。これは、ジャフナの複雑な気象条件によるものであり、このプロジェクトはジャフナ半島での管理された環境でのキノコ栽培のアイデアとして構築されました(クライアント:ジャフナキノコ栽培協会)。

紹ビジネスケス介

キノコ農場の大半は屋内でキノコを栽培しています。最良の成長を実現するためには、農場全体でCO2、湿度、温度を完璧に管理する必要があります。暖房、空調、湿度制御システムの大半は比較的低速な自動制御であり、手動で気候を管理するのは非常に時間がかかります。

ソリューション

キノコ農場では、最大の生産性を達成するために、成長段階に基づいて理想的な湿度、温度、CO2レベルを毎日調整する必要があります。これには、自動化されたソリューション(または費用対効果の低い大量の人的労働力)が必要です。気温、土壌湿度、CO2レベルをチェックします。

  1. クラウドに接続されたセンサー:展開規模のソリューション
  2. 定期購読型のソリューションの種類
  3. 主なビジネス要件:正確なCO2モニタリング、温度、湿度のモニタリング
  4. 水耕栽培システムの自動化とユーザーへの警告が、業績に与える影響。

結果

  • 生産性は35%向上し、人件費は28%削減されました。
  • 病気を効果的に制御する方法
  • 省エネ効果が20%向上
  • 予測しやすく変動の少ない利回り。