//

SenzAgroの精密農業技術 日本におけるブルーベリー栽培

blueberry fruits

ビジネスケース

ブルーベリーは、血糖値をコントロールし、心臓と脳の健康を改善し、ほとんどカロリーが含まれない、美味しい人気のある果物です。スーパーフードとして広く宣伝されており、ビタミン、健康に良い植物成分、そして多くの抗酸化物質を豊富に含んでいます。私たちのクライアントは、製品の生産と販売だけでなく、訪問者がベリーを収穫したり、収穫に参加したりできる、ブルーベリーに焦点を当てた観光農場を運営していました。

解決

クライアントは、労働力不足の問題に対処するため、 灌漑システム を自動化し、農場をリアルタイムで監視し、物理的な条件を最適な状態に保ち、パラメータに異常があると警告を発する農場管理システムを必要としていました。

必要な要件は、Senzagroのスマート農業技術によって簡単に満たされます。SenzAgroのセンサーデバイスは、湿度、温度、光強度、土壌温度、湿度、ECなどの物理的な要因に関するデータを収集し、その情報は同社のデスクトップアプリやモバイルアプリを通じていつでもアクセスできる製品チャートを提供します。また、このデータは収穫量の予測に使用でき、Sensagroの専門知識を活用して作物を分析し、品質と収量を向上させるための提案を行ったり、害虫や病気の感染につながる条件を特定し、予防措置を講じたりするのにも役立ちます。読み取り異常が発生した場合、ユーザーはSMSとアプリを通じて警告を受け取ります。

灌漑システムは完全に自動化できますが、土壌水分が30%未満の場合や、プログラムされた方法で自動化されている場合、特定の時間に特定の期間で畑に水を供給するなど、さまざまな条件で灌漑が行えます。クライアントはどこからでもこれらの操作をリアルタイムで監視および管理できるため、観光客で忙しい場合でも、労力をかけずに農場を運営することができます。

実行したアクション

クライアントの栽培中に、Senzagroのセンサーユニットが設置および調整されました。これにより、ブルーベリー作物が適切な熱、pH、水、EC、およびその他のパラメータを受け取ることが確認され、すべての物理的パラメータがリアルタイムで監視されました。

さらに、センサーからのデータは、物理的パラメータのさまざまなアプリケーションで歩留まり量と品質を効率的に改善する方法を学ぶために使用されました。クライアントは、アプリケーションが生成したレポートを通じてすべてのデータにアクセスでき、変更があるたびに通知されます。

ユーザーの場所に関係なく、クライアントの灌漑システムは自動化され、特定のアプリケーションを使用して継続的にテストされました。このアプリは、タイムスタンプ、履歴、頻度、数量など、灌漑に関連するすべてのデータを保存し、ユーザーに表示します。

結果

SenzAgroのシステムは、クライアントを本当に満足させてくれます。システム内の作物固有のインテリジェンスの助けを借りて、自動化された灌漑サイクルにより、農場労働者は時間を節約し、他の重要なタスクに集中できます。また、このセンサーは、すべての物理的パラメータの管理、作物の状態の監視、水需要の予測と予測、モバイルデバイスを使用してどこからでもすべての行政機関の全体的なパフォーマンスを監視するために使用されるリアルタイムデータも提供しました。

その結果、ベリー類の生育環境が良くなり、良質な果物が大量に収穫でき、評判も良く、来園者数も増えました。SenzAgroは、受信したデータを通じてシステムの改善に取り組み、最終的にはよりインテリジェントなソリューションを将来的に顧客に提供します。